フードデリバリーのスターフェスティバルが、企業向けデリバリーの新サービスを発表!社員の健康をランチからサポート「ごちクルNow」を開始

フードデリバリー事業を展開するスターフェスティバル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO 岸田祐介)は、企業向けデリバリーの新サービス「ごちクルNow」を発表いたします。「ごちクルNow」は、送料無料で少ない食数でもランチのお届けができ、従業員が少数の企業においても、社員の健康をサポートする食の福利厚生サービスとして導入いただくことが可能です。ランチサービスを利用する社員は、当日10時まで、webやコミュニケーションツールから簡単に日替わりランチを注文することができます。

スターフェスティバルは、2015年8月、社内やビルの空きスペースで専属スタッフが対面でお弁当・ビュッフェを販売する、デリバリー型 社員食堂「シャショクル」をスタートしました。1日100食以上の販売が見込める大企業・複合ビルでの「対面販売」プランに加え、2019年6月には、キャッシュレス・無人化に対応し、1日20食からでもサービス提供可能な新プランを発表。従業員満足度を向上させる企業向けサービスとして成長してまいりました。

この度発表する「ごちクルNow」は、かねてから引き合いのあったベンチャー企業や中小企業も含めて、より多様な従業員規模の企業のランチニーズに対応できるよう、1日あたりの食数が少数の場合にも契約可能な福利厚生サービスとしてスタートするに至りました。

「ごちクルNow」は、従来の「シャショクル」から契約可能な食数の変更したにとどまらず、当日注文への対応やコミュニケーションツールと連携した注文フローの簡便化など、新機能を導入しています。

  • 「ごちクルNow」の特長

スターフェスティバルは、「ごちそうで 人々を より 幸せに」を企業理念に掲げ、飲食店・レストランの中食・デリバリービジネス参入支援、および、フードデリバリー事業を展開する会社です。飲食店・レストランや製造工場などの製造パートナー、また、配送パートナーと連携し、「製造」以外の部分にあたる、「商品開発」・「販路提供」・「販売促進」・「注文受付」・「決済」・「配達」までのすべてを引き受けるビジネスモデルで、フードデリバリーの総合インターネットモール「ごちクル」、デリバリー型の社員食堂「シャショクル」等を運営しています。価格帯、利用シーンに合ったバリエーション豊かな品揃えが特長で、現在月間約 50~60万食、累計 2,500 万食以上のごちそうお届けしております。
また、既存のビジネスプラットフォームを活かし、物流、プロモーション、地方創生サポートなど新事業も展開しております。

提供元:PRTIMES
Food Media(フードメディア)がお届けする飲食業界の最新ニュースや業界動向をお届けするWEBメディア

ITカテゴリの最新記事