顧客管理・販売促進サービス『スタンプス』アプリが180万ダウンロードを突破!

さらに大幅リニューアルを実施し「店舗アプリ」や「クーポン掲載」といった新機能を拡充

 

 22Inc.(東京都目黒区 代表取締役 網永 穣)が提供する“お店のことをもっと好きになってもらえる”顧客管理・販売促進サービス『スタンプス(Stamps)』はこの度、2020年1月でアプリの累計ダウンロード数が180万件を突破しました。さらに、新機能の追加を含む大幅リニューアルを実施いたしました。

■『スタンプス』アプリが180万ダウンロードを突破!
『スタンプス』は、様々な業種、ブランドのスタンプカードやポイントカード、クーポンをスマートフォンの一つのアプリで一元管理することができるアプリです。企業側は、再来店促進につながるスタンプカードやクーポンを『スタンプス』上で発行することができ、さらに店舗ごとの利用状況や再来店率を可視化したり、来店頻度や性別・年齢に応じたクーポン配布を自動で実施できます。
近年、モバイルシフトが進む中、ブロンコビリーやタパス&タパス、てけてけといった飲食店をはじめ、アパレルなどの小売店、美容室や宿泊施設といった幅広い企業にサービス導入いただくことを通じて、多くの消費者に利用され、ついにアプリの累計ダウンロード数が180万件を突破いたしました。

一日のモバイル利用時間が全世界平均で3時間40分にまで増加(※1)するなど、企業が消費者とのコミュニケーションにモバイルアプリを活用する必要性は年々高まっています。一方で独自のアプリ開発やダウンロード促進施策、運用などにかかるコストは大きく、リアル店舗が中心の飲食・小売業界では、まだまだ他業界に比べてITやモバイルへの投資や活用が遅れていると言われています。

※1:AppAnnie社のモバイル市場レポート「State of Mobile 2020」

■ 新機能①「店舗アプリ」
『スタンプス』アプリ内で自社アプリのように独自のサービスページを持つことができる。

今回のアプリのリニューアルに伴う新機能として、導入企業がプログラミングを一切行わないで、『スタンプス』アプリ内に、あたかも自社アプリのような画面デザイン&独自コンテンツのサービスページを持つことができる「店舗アプリ」機能を提供開始しました。本機能では、従来のスタンプカードやクーポン、お知らせに加え、予約ページや店舗メニュー、各種SNSやブログ、採用情報に至るまで、ユーザーへ訴求したいあらゆる情報を集約し、これまで以上に自社ブランド力の向上や顧客ロイヤリティの醸成を支援することが可能となります。

■ 新機能②「クーポン掲載」
『スタンプス』アプリの全ユーザーに対してアプローチを行うことができる。

180万人以上の『スタンプス』アプリユーザーに対してアプローチをする新たな手段として、「クーポン掲載」の機能を提供開始しました。本機能では、アプリ内の「お得なクーポン」のマップやリストに自社のクーポンを表示し、新規集客や認知獲得に繋げることができます。既に、牛角様、日高屋様をはじめとする大手飲食店を中心にクーポンを掲載頂いていますが、今後は企業様やアプリユーザーのご要望に応じて、業種や規模を問わない多彩なクーポンの掲載を予定しています。

『スタンプス(Stamps)』について
『お店のことをもっと好きになってもらえる』をコンセプトに、店舗の顧客管理・販売促進をオペレーションの負荷をかけずに実現するサービスとして、飲食や理美容、小売など、様々な業態・業種、幅広い規模の店舗にて導入されています。

・ 店舗向けHP  : https://stamp.sc
・ App Store    : https://itunes.apple.com/jp/app/stamps/id540340349
・ Google Play : https://play.google.com/store/apps/details?id=com.stamps.activity

会社概要
22株式会社(22Inc.)
代表取締役:網永 穣
URL:https://22inc.jp
本社:東京都目黒区
設立:2012年5月
事業内容:アプリ、ウェブサービスの企画・開発

スタンプスに関するお問い合わせ先
22株式会社(ニーニーインク)
TEL:050-5846-9005 Email:press@22inc.jp
担当:稲葉(イナバ)

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

Food Media(フードメディア)がお届けする飲食業界の最新ニュースや業界動向をお届けするWEBメディア

ITカテゴリの最新記事