飲食店のアイドルタイムをコワーキングとして運営・収益化!コーヒー1杯の料金で1日利用できるシェア&コワーキング「ivyCafe+(PLUS) 溝の口・遊家本店」

  • 2019.07.31
  • IT

株式会社アイビーリンクス(本社:東京都千代田区、代表取締役:水野功)は、「働き方改革」や「テレワーク」、「地域コミュニティーの活性化」に対応した、新しいコンセプトのシェアスペース事業「ivyCafe NEIGHBOR&WORK」の運営スキームを、東急田園都市線「溝の口」駅徒歩3分に立地する「旬彩SAKEバル 遊家本店」のアイドルタイムに活用し、「ivyCafe+(PLUS) 溝の口・遊家本店」として運営を開始します。本事業は、主に飲食店等のアイドルタイムを活用することにより、飲食店等の新たな収益源とする事業として、今後さまざまなエリアで本事業を提供し、多店舗展開を目指します。

フードメディア(FoodMedia)が提供する「ivyCafe+(PLUS) 溝の口・遊家本店」

「ivyCafe+(PLUS) 溝の口・遊家本店」ivyCafe+(PLUS) 溝の口・遊家本店」 webサイトhttps://www.ivycafe.jp/

■事業開始の背景
「飲食店等の新たな安定した収益源の提供
飲食業は、開業費用が高いことに加え、人件費の高騰や人手不足、ブームによる市況の変化等により、収益の安定化や営業の継続が難しいと言われています。本事業により、開店していない日中の時間を活用することで、飲食店等に新たな収益源を提供し、経営の安定化に貢献することを目指します。

「テレワークを制度化する企業や副業を認める企業の急増
働き方改革への社会的要求の高まりにより、在宅勤務(テレワーク・リモートワーク)を制度化する企業や副業を認める企業が急速に増加しており、その流れは分譲マンションの購入層が勤務する大企業にも広がりを見せています。

リアルなつながりや体験、コミュニティへのニーズの高まり
ソーシャルメディア全盛の時代であっても、シェアハウスやシェアオフィスが人気を見せており、また、音楽ストリーミングサービスの浸透により、CD販売数は低下している反面、ライブやフェスの動員数は増加している等、ネットによるつながりのみならず、「リアルなつながり」や「体験」、「コミュニティ」へのニーズが高まっています。

初期投資、運営コスト、手間、リスクを最大限排除した新しいスキーム
本事業では、飲食店等の現状の体制を変更することなく、店舗のアイドルタイムのみ会員が利用できるシェア&コワーキング事業を運営することとし、費用と手間とリスクを最大限排除したスキームを実現しています。

1.厨房を使わず店舗の不稼働時間を収入に変えることができます
厨房(キッチン)などは使用せず、新たな人員増や仕入れ等のコスト増はありません。

2.賃貸借契約上の転貸禁止や利用目的等に抵触しません。
ビルオーナーとの賃貸借契約による転貸禁止や利用目的の制限に抵触しません。

3.店舗の認知度が向上します
ぐるナビやホットペッパー等の飲食店向けの広告以外の新しい露出機会が増えます。
広告出稿や運用は当社が実施し、広告のための追加コストの支払いもありません。

4.あたらしい顧客からの利用が増えます
会員や、貸切利用者から通常営業の顧客に発展します。

5.初期投資は「0円」でスタートできます
現状の店舗をそのまま利用しますので、特別なコストはかかりません。

6.運営は当社が引き受けます
システム管理、予約管理、運営管理等の手間は当社が引き受けます。

「 ivyCafe+(PLUS) 溝の口・遊家本店(アイビーカフェ プラス溝の口・遊家本店)」
アイドルタイム活用事業の1号店として、神奈川県川崎市溝口で、日中はアイドルタイム式のコミュニティ&ワークプレイス「アイビーカフェ溝の口」として、夜間は「SAKEバル 遊家本店」として、それぞれの時間を愉しめる運営を開始します。

フードメディア(FoodMedia)が提供する外観

外観

フードメディア(FoodMedia)が提供するフロア全景

フロア全景

フードメディア(FoodMedia)が提供するテーブル席

テーブル席

フードメディア(FoodMedia)が提供するカウンター席

カウンター席

フードメディア(FoodMedia)が提供するフロアマップ

フロアマップ
■「ivyCafe+(PLUS)溝の口・遊家本店」 施設概要https://www.ivycafe.jp/
所在地:神奈川県川崎市溝口2丁目27-6
最寄駅:東急田園都市線・大井町線「溝の口」駅徒歩3分
JR南武線「武蔵溝ノ口」駅徒歩3分
床面積:42.99m2
構造・規模:鉄筋コンクリート造5階建て1階
営業時間:6:00~17:00(「遊家本店」休業日は6:00~23:00)
定休日:不定休(会員サイトでご案内)

「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK 町屋(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 町屋)」
会員制シェアスペース事業として運営している、コーヒー1杯の料金で1日使えるシェアスペース「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK 町屋(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 町屋)」では、2018年1月の運営開始以後、会員数を順調に伸ばしており、2019年7月時点で会員数は350名以上にまで増加しています。また、毎月開催される様々なイベントで会員同士が交流し、緩やかなコミュニティを形成しています。駐車場スペースでは多様なキッチンカーが出店し、施設の利用者に加え、地域の方々にも利用されています。

フードメディア(FoodMedia)が提供するivyCafe NEIGHBOR&WORK 町屋(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 町屋)

ivyCafe NEIGHBOR&WORK 町屋(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 町屋)
■「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK 府中(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 府中)」
町屋での順調かつ安定した運営実績を踏まえ、2019年6月より東京都府中市で、「懐かしくもあたたかい、昭和レトロな場所」をコンセプトとした「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK 府中(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 府中)」の運営を開始しています。

フードメディア(FoodMedia)が提供する ivyCafe NEIGHBOR&WORK 府中(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 府中)

ivyCafe NEIGHBOR&WORK 府中(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 府中)
ivyCafe NEIGHBOR&WORKアイビーカフェ ネイバー&ワーク)サービス概要
WEBサイト:https://www.ivycafe.jp
Facebook: https://www.facebook.com/ivyCafe.NW
Instagram(@ivycafe.jp):https://www.instagram.com/ivycafe.jp

運営会社について
「もったいないを価値に変えれば、人生はもっと豊かになるはず。」という理念のもと、2017年7月に設立。2018年1月より、コーヒー1杯の料金で1日使えるコワーキングスペース「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK 町屋(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 町屋)」を東京都荒川区に開設し、シェアスペース事業の運営を開始し、2019年6月に東京都府中市に2号店「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK 府中(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 府中)」を開設。また、職人と一般家庭をつなげるマッチングサイト「ivyCraft(アイビークラフト)」のβ版をリリースし、2019年2月よりプレマッチングを開始している。他に、不動産会社やIT企業等を対象としたコンサルティング事業「ivyHub」も行う。

ivyCraft」(アイビークラフト)サービス概要
URL:https://ivycraft.jp
Magazine:https://ivyrincs.jp/park/
Facebook:https://www.facebook.com/ivyCraft.jp
Instagram(@ivycraft.jp):https://www.instagram.com/ivycraft.jp
Twitter(@ivyCraftjp): https://twitter.com/ivyCraftjp
LINE@:@cfr7650o

コンサルティング事業 「ivyHub」(アイビーハブ)サービス概要
URL:https://select-type.com/s/ivyhub

■運営会社概要 
会社名:株式会社アイビーリンクス
英文社名:ivyRINCS Inc.
所在地:東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F
URL:http://www.ivyrincs.co.jp
TEL:03-6803-6496
代表者:水野 功
設立日:2017年7月7日
資本金:9,000千円
事業内容:Webサービスの企画・開発・運営
シェアスペースの企画・開発・運営
コミュニティサービスの企画・運営
IT・経営・不動産に関するコンサルティング

PRTIMES転載

Food Media(フードメディア)がお届けする飲食業界の最新ニュースや業界動向をお届けするWEBメディア

ITカテゴリの最新記事