新型のセルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」を初導入 スマホ事前注文・セルフ注文対応の“未来型店舗”第1号が誕生 駅ナカの混雑緩和と人手不足の解決へ

  • 2019.08.26
  • IT

ジェイアール東日本フードビジネス株式会社(以下「JR東日本フードビジネス」)と株式会社Showcase Gig(以下 「ショーケース・ギグ」)は、JR東日本スタートアップ株式会社(以下「JR東日本スタートアップ」)サポートのもと、9月4日(水)より東京都豊島区のR・ベッカーズ池袋東口店に、新型の次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」を初めて導入します。
同店舗は、これまでにスマートフォンなどから事前注文・決済ができるモバイルオーダーサービス「O:der(オーダー)」を取り入れており、今回の端末導入により、事前注文とセルフ注文の2つに対応した“未来型店舗”の第一号となります。

 「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」は、JR東日本グループと、ショーケース・ギグが共同開発した新型のセルフ注文端末で、クレジットカードや交通系電子マネーなどマルチ決済に対応しております。同店舗では、この端末により、お客さまのレジの待ち時間を軽減できるほか、注文した商品の調理進捗を店内のデジタルサイネージで確認することができるようになります。さらにモバイルオーダーサービス「O:der」を活用すれば、待ち時間なく商品を受け取ることも可能です。

店舗としては端末の導入で、注文受付や会計業務を軽減でき、店舗オペレーションの効率化、省人化を図れるため、飲食業界で大きな課題となっている人材不足の解決にもつながります。なお、R・ベッカーズ池袋東口店においては、この端末を導入することで、1人分のレジ人員削減ができる見込みです。

JR東日本グループでは、今後もこうした未来型店舗を増やしていくほか、急増する外国人旅行客に対応するため、端末の多言語化を計画しており、ベンチャー企業の技術とJR東日本グループの持つ資産をかけ合わせ、さらなる駅ナカの利便性向上を推し進めてまいります。

【セルフ注文決済端末「O:der Kiosk」を導入する未来型店舗の概要】

フードメディア(FoodMedia)が提供する【R・ベッカーズ池袋東口店 外観】

【R・ベッカーズ池袋東口店 外観】■導入店舗:R・ベッカーズ池袋東口店
■所在:東京都豊島区南池袋1丁目28-2、JR池袋駅 改札外 東口1階
■導入台数:2台
■導入後の営業開始日時:2019年9月4日(水)11:30より
■営業時間:
平日/6:30~23:30(金曜~25:00)土/5:00~25:00  日/5:00~23:30
■定休日:年中無休

【セルフ注文決済端末「O:der Kiosk」概要】

フードメディア(FoodMedia)が提供する【オーダー・キオスク】

【オーダー・キオスク】■端末名称:O:der Kiosk(オーダー・キオスク)
■端末仕様:大きさ 縦96.2cm×横47cm(スクリーン 縦59.8cm×横33.5cm)
■開発主体:JR東日本スタートアップ、ショーケース・ギグ
■対象商品:フードやドリンクなど昼メニュー(約60種類)
※今秋より、朝・夜メニューを追加予定。※対象商品は変更になる可能性があります。
■対応言語:日本語 ※今秋より、英語版を追加予定
■対応決済方法:Suica等の交通系電子マネー、クレジットカード
■サービス紹介URL:https://www.oderapp.jp/product/#Kiosk
■ご利用の流れ

フードメディア(FoodMedia)が提供するサービスイメージ

【スマホ事前注文・決済サービス「O:der」概要】
■対象商品:フードやドリンクなど店内の一部メニュー(約60種類)
※対象商品は変更になる可能性があります。
■対応決済方法:クレジットカード
■R・ベッカーズ注文専用ページ:https://beckers.oderapp.jp/#/
■ご利用の流れ

フードメディア(FoodMedia)が提供するサービスイメージ

【JR東日本グループとショーケース・ギグの取り組み】
ショーケース・ギグは、JR東日本スタートアッププログラム2018における「アクセラレーションコース」の採択企業です。2018年10月には、本格的な事業推進にあたりJR東日本スタートアップと資本業務提携を締結。共同サービスの第一弾として、ショーケース・ギグが提供するモバイルオーダー&ペイプラットフォーム「O:der」を使った事前注文・決済サービスを首都圏の駅ナカ店舗に導入しました。今回の次世代セルフ注文端末「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」の開発、導入は共同サービスの第二弾となります。今後も駅ナカの利便性向上に向けて、協業を進めてまいります。

【JR東日本スタートアッププログラム】とは
ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムです。2017年度に初めて開催し、これまでに計42件の提案を採択。内閣府主催の2018年度 第1回日本オープンイノベーション大賞で経済産業大臣賞を受賞しました。鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取り組みは実用化しています。

■各社概要
ジェイアール東日本フードビジネス株式会社
会社名 : ジェイアール東日本フードビジネス株式会社 https://www.jefb.co.jp/
所在地 : 東京都北区田端6-1-1 田端ASUKAタワー13F
代表者 : 代表取締役社長 山際 貞史
設立 : 1989年4月
事業内容 : ファーストフード店の経営、和食・洋食・中華等の多様式なレストランの経営 等

JR東日本スタートアップ株式会社
会社名 : JR東日本スタートアップ株式会社 http://jrestartup.co.jp/
所在地 : 東京都新宿区西新宿1-1-6-1201
代表者 : 代表取締役社長 柴田 裕
設立 : 2018年2月
事業内容 : 事業シーズや先端技術の調査・発掘、ベンチャー企業への出資及びJR東日本グループとの協業推進

株式会社Showcase Gig
会社名 : 株式会社Showcase Gig(ショーケース・ギグ) https://www.showcase-gig.com/
所在地 : 東京都港区北青山1-2-3 青山ビル7F
代表者 : 代表取締役社長 新田 剛史
設立 : 2012年2月
事業内容 : モバイルオーダープラットフォーム事業、省人化店舗開発事業、デジタルソリューション事業

フードメディア(FoodMedia)が提供するロゴ

PRTIMES転載

Food Media(フードメディア)がお届けする飲食業界の最新ニュースや業界動向をお届けするWEBメディア

ITカテゴリの最新記事