多くの赤ちゃんが実は栄養不足!?小児科医×管理栄養士×シェフが共同開発した、サブスクリプション離乳食Mi+ミタスが栄養面を強化してリニューアル!

「ヘルスケア×フードテック」を軸に、D2Cの離乳食サブスクリプションなど、新しいフードサービスを展開している株式会社MiL (所在地:東京都渋谷区桜丘町21-4 渋谷桜丘町ビル3F)は、既存ブランド【Mi+ミタス】を11月にリニューアルいたします。今回のリニューアルでは、既存顧客やSNSフォロワーからの生の声をもとに、離乳食のスペシャリストとしても知られる小児科医や管理栄養士、当社が経営する飲食店「倭」のシェフとの共同開発で、より栄養面・機能面を強化。また、子どもの月齢に合わせた商品発送が可能になるため、成長に合わせた身体や心の発育に必要な栄養をしっかり摂ることができます。

MI+ミタス 公式サイト:https://mitasu-mil.com/

・【Mi+ミタス】 とは?

Mi+ミタスは、子どもの成長に本当に必要な栄養素が何か、を実証データに基づき、小児科医、管理栄養士、シェフによって開発されたベビーフード。

ピューレ状なのでそのまま食べることも、少し手を加えて調理することもできるので、考える・調べる手間を省きつつも、バランスのとれた栄養素をしっかり摂ることができます。
厳選した契約農家が生産した安心安全な旬の野菜を、着色料や保存料などの不要な添加物を一切加えず、素材の味を最大限引き出すことで、子どもが食べやすい味の離乳食となっています。

2019年4月のローンチ以降、約6ヶ月で販売実績15,000食突破、LINE@のお友達登録数 約1,000人、インスタグラムのフォロワーは7,600人を超えました。

・リニューアルの背景

厚生労働省が行なった平成27年度 乳幼児栄養調査によると、「子どもの食事で特に気をつけていること」でトップに上がったのは「栄養バランス」72.0%。 また、「離乳食について困っていること」の項目としてトップで「作るのが負担、大変」33.5%があがっています。

出典:厚生労働省 「平成 27 年度 乳幼児栄養調査」
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000134460.pdf

Mi+ミタスは現在、店舗販売を行なっておらず、2019年4月のローンチ以降、LINE@とInstagramを中心に消費者とのコミュニケーションを行なってきました。1対1のコミュニケーションを大切にし、消費者の生の声をしっかりと汲み取ることで、よりよいサービスや商品を展開することを目指しています。

今回のリニューアルでは、離乳食をローンチして半年が経ち、「こんな製品が欲しい!」「もっとこうして欲しい!」といった実際のユーザーの意見を取り入れて開発されました。
特に意見として多く上がった「栄養バランス」については、一方で、 一般的な離乳食をはじめ、手づくりであっても、子どもの発育に必要な栄養バランスが十分にとれていないということが判明いたしました。

新しい製品ではこの点に着目し、小児科医や管理栄養士監修のもと、実証データに基づいて、特に栄養面において大幅に改善を行っております。

・新しくなった【Mi+ミタス ベビー】の特徴

今回のリニューアルによる大きな特徴としては、

① プロ監修のもと、不足しがちな栄養素を補強
当社が行なった調査によると、家でつくる食事やこれまでの既存の離乳食では、子どもの成長に必要な栄養素がほとんど摂取できておらず、特に鉄分、ビタミンD、カルシウムは、不足しがちであるという結果になりました。(図③)

今回のMi+ミタス リニューアルでは、小児科医 工藤紀子氏と管理栄養士 唐澤弥子氏監修のもと日本ではじめて、不足しがちな栄養素の強化に着目して開発。正規品1箱で、1ヶ月のうち乳幼児期の発育に必要な6つの栄養素のうち30〜40%を摂取することができます。(※)

※2回食の赤ちゃんの1ヶ月の食事を、Mi+ミタス、ミルク、ご飯で組み合わせた場合

図③  「離乳食初期の乳幼児(5-6ヶ月)が1/3ヶ月で成長に必要な栄養素の含有率」(自社調べ)

算出方法:
・手づくり:離乳食初期のレシピ5種類をもとに、文部科学省データベースを用いて算出(https://fooddb.mext.go.jp
・他社離乳食:小児保健研究「乳幼児の食生活に関する全国実態調査」より
※ グラフの数値は、離乳食初期の乳幼児が成長に必要な8つの栄養素を100%とした時の含有量を表しています。
※ 上記の数値に、ミルク(母乳含む)の栄養素の値は含まれておりません。
※ 数値はあくまで平均的な参考として算出しています。調理で使用する食材や量によって変動いたします。

② 常温保存・外出先での使用が可能に (キャップ付きのスパウトパウチ)
これまでの商品は、冷凍保存専用で一度開封すると使い切る必要がありましたが、今回、キャップ付きのスパウトパウチに変更。常温保存や持ち運び、適量だけの取り出しが可能になりました。また、常温保存が可能になったため、これまでクール便のみでしたが、お試しセットはネコポスも対応するなど、配送の受け取りもしやすくなります。

③ 月齢対応
これまでは月毎に届く野菜ピューレの種類が変わるだけでしたが、リニューアル後からは、月齢ごとに届く種類が変わるだけでなく、固さや大きさも月齢に合わせて作られています。
また、子ども一人ひとりの成長に合わせて、種類を選択することも可能になりました。

図④ 月齢に合わせた固さや大きさのイメージ

④    安心・安全面の強化
【Mi+ミタス】は厳しい安全基準をクリアした乳児用規格適用食品です。また、香料や保存料をはじめとする不要な添加物は一切使用していません。

⑤    熟練フレンチシェフによる味へのこだわり
当社が運営するフレンチレストラン「倭」のシェフ若松も商品開発に携わり、旨味を引き出した調理法を用いているため、野菜嫌いの子どもでも食べやすい味となっています。

 

配送に関しては、
2週間コース・・・2週間に一回、10食分を配送(¥5,980税・送料別)
1ヶ月コース・・・1ヶ月に一回、20食分を配送(¥11,980税・送料別)
からお選びいただけます。

※まずはお試し配送(¥980税・送料別)で、実際にお子様に【Mi+ミタス】の離乳食が合うかどうかを試していただいてから、定期コースをご案内しております。

・今後の展開について

当社では、オンラインでの1対1のコミュニケーションで消費者のニーズをしっかり汲み取り、シェフや栄養士をはじめとする開発チームが直接、生産者や工場と取引を行うD2Cビジネスを展開することで、より迅速に商品やサービスの改善を行なっています。

今後は、既存のお客様を中心に、離乳食を卒業した子どもの成長をサポートする新しい商品の展開も行なっていく予定です。また、蓄積されたオンラインデータをもとに、食に限らないママ向けコミュニティーの立ち上げにも視野にいれています。

・株式会社MiLについて

当社は、「ヘルスケア×フードテック」を軸にD2Cに注力したサービスを展開し、次世代の食品メーカーを目指すスタートアップ企業。これまで各分野のマーケティングに携わってきた若手メンバーを中心に、シェフや小児科医などのプロフェッショナルたちとチームを組み、実証データに基づいた商品・サービスの開発を行っている。

世界中で注目を集めているエシカル消費と、日本が築き上げてきた食文化やクラフトマンシップを大事にしながら新しい「食」のブランドづくりを目指す。現在、誰もが自分らしい豊かな人生を歩める社会を「食」という観点からサポートしていきたい、という想いから、ヘルスケア創作料理レストラン「倭」や、オーガニック離乳食「Mi+ミタス」を手がけている。

<企業概要>
会社名  株式会社 MiL https://mil-inc.com
代表者  CEO 杉岡 侑也
設立   2018年1月11日
所在地  東京都渋谷区桜丘町21−4渋谷桜丘町ビル3F
営業所  東京都渋⾕区神南1丁⽬12−16 Asia ビル 6F
電話番号 03-4405-2663

美と健康を内側から整える創作自然和食
和フレンチレストラン「倭」

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13221835/

ココロもカラダも満たす完全離乳食
Mi+ ミタス

https://mitasu-mil.com/

Food Media(フードメディア)がお届けする飲食業界の最新ニュースや業界動向をお届けするWEBメディア

Newsカテゴリの最新記事